1890年にアメリカのカリフォルニア州サンタロサで生まれたリーロイ・リプリーはロバート・リプリーの本名で、優れた運動選手でもありました。

1913年、ニューヨークに引越し「ニューヨークグローブ」でスポーツ漫画を描き始めたが、数年後はアブノーマルなスポーツ関連の事実を漫画形式で構成するようになり、最初は「チャンピオンと馬鹿」というネーミングで始まった漫画は審議を経て「ビリーブ・イット・オア・ノット」というタイトルになり、その後歴史となった。
リプリーは人間、自然科学、政治、歴史、動物などできるだけ多くの部門から得られる奇妙な事実を自分の漫画にプラスした。奇妙な事実を集めるために機会があるたびに世界のいろいろな国を旅行し、インドと東洋一帯で当時の西洋人たちが慣習として知っていた地域を越え遠い所まで足を伸ばし、大多数のアメリカ人がその存在すら知らなかった沢山の部族と文化を探訪した。

彼の信じられないような人生は、リプリー自身の死さえも「ビリーブ・イット・オア・ノット」という状況に照らし合わせて考えさせてしまう。リプリーは彼のテレビシリーズの13回放送分を録画中に心臓麻痺で58年の人生を終えた。「死とこれにまつわる風習」を扱う放送だった。

 
이용시간/요금
교통/위치